LINE@で最新情報を受け取ることができます。

岐阜県20代女性との面談がありました


先日、クリスチャン同士の結婚を願う献身的な女性との面談がありました。

岐阜県、20代女性。

個人が特定されない限りにおいて、面談や入会などの動きがあることをお伝えしています。

入会を迷っている方が励まされたり、「独身クリスチャンの動きが本当にあるのか?」と心配してアクションを起こせていない方々が参考になるように…と願っています。

彼女は20代でとても素敵な女性でしたので、まだまだチャンスはいくらでもあると言いたいところですが、「お相手を探すのはかなり難しいです。」と彼女にお伝えさせていただきました。

その理由は、「クリスチャンであれば良い」という方は圧倒的に多いのですが、彼女の場合、とてもしっかりとした信仰を持っていて、「御心なら献身者との結婚も祈っている。」とのことでした。

「クリスチャンで」「熱心なクリスチャン」となると、また一段、お相手探しが大変になります。

もちろん、どのような方であっても神様がふさわしいお相手をすでに備えて下さっていると信じていますが、「難しい」と感じるのは、大概、信仰熱心だったり、霊的なことに関心を向けやすいのは「女性」に多く、男性は仕事に主に関心を向けるため、信仰や霊的なことに心を向けている人は本当に少ないと感じているからです。

ですから、男性には「信仰面を磨くように」というアドバイスをさせていただくことが多くあります。

クリスチャンの女性は「一緒に教会生活ができること」を希望しているので、まずはクリスチャン同士の結婚の場合、教会生活をきちんとしていることが重要になります。

そして、低所得や非正規雇用、疾病などがある不利な条件をお持ちの場合であっても、お互いに信仰面で安心感があったり、「共に信仰生活を送っていける」と判断した場合、それらのマイナス要素が問題にならなくなる場合があります。

なので、特に男性に対しては信仰面を軽視せずに、まずは神様を第一とし、神様を大切にした教会生活を送るようにとお伝えします。

教会生活と今後の結婚生活は、実は密接な関係があります。

目に見えない神様を大切にしていない人は、これから結婚する相手を大切にできるでしょうか?

教会生活の中で、嫌なことや気に食わないことは色々あると思いますが、それでも神様が導いてくださっている今の教会を大切にすること。

嫌になったら「ハイ、さようなら」ではなく、愛していく決心をし、愛していく努力を続けること、こういう共通点が教会生活にも結婚生活にもあります。


教会で奉仕すること

今、与えられている教会で、何か奉仕をしていますか?

しているという方は、賜物を生かして続けて奉仕されますようにと願います。

もしも教会で奉仕をしていない、という独身クリスチャンがいらっしゃいましたら、何かできそうなことから奉仕をされることをお勧めします。

結婚を希望されている方は、それなりの年齢になっていることでしょうし、教会では若い方が奉仕し、若い力をささげることを期待し、楽しみにしています。

教会生活は、結婚生活に向けての良い訓練の場でもあります。

結婚したら「身の回りのこと、全部やってよ!」と相手に寄りかかるのでなく、自分は相手に対して何ができるか、どんなことを助けて行けるかを考えていかなければならないのですから、ごみ出しや料理や役割分担などをしますよね?

他人だった2人が結婚して家族になるように、教会というコミュニティーも家族のようなものです。

そこで単に「礼拝に出席しているだけ」よりは、何か「教会のために、神様のために、みんなのために」という意識が大切になってきます。

「どんな教会生活を送っているのか?」を重要視するクリスチャンもいますので、普段から「お客さん」のような教会への関わり方ではなく、教会の奉仕や責任の一端を担う意識を持ち、教会から「恵みを受ける」ことばかりを考えるのではなく、「教会に貢献する」という意識を持っていきたいものです。

今、与えられている家族、教会、周りの人たちを大切にしている人は、結婚相手も大切にできる人だと思います。

急にはできない事なので、できるところから牧師先生などに相談しながら関わりを持っていきましょう。

そうしていく中で、きっと結婚への良き備えとなり、良いお導きも与えられることと信じています。

クリスチャン同士の結婚を支援する「リべカ」

2017年7月にスタートした、クリスチャン同士の結婚を支援する「リべカ」です。北陸3県(富山、石川、福井)を中心に、他県のクリスチャンの方でも登録が可能です。東京にスタッフがおりますので、東京での面談、お見合いも可能です。